緊縛され調教されて知った、M女になる悦び

苛められてみたい、縛られてみたい。人は皆知らずうちに普通の顔という仮面の下にそんな願望や本性を隠して生きてしまっています。その妄想がどういうものか少しの勇気を出して新しい体験してみた。  ここはそんな変態女子たちの一端の出来事です。※PC版トップの画像は本人です。   hogtied@live.jp        

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャバ嬢調教 Vol.2

Category: 調教  
この話は続きです。

以前の記事がまだの方は以下URLを先に読んでね
23際 元キャバ嬢OL Vol.1

リクエストを頂いたので今回は新しい試みで書いてみます。
どういう試みにしてみたかは最後に記すので、その試みも是非考えてみて下さい。

ベッドにリードを引っ張りながら連れて行く。
もうココまで来ると四つん這いは定着していて、気に入っているらしく自ら四つん這いで着いてくる。

今まで経験が無い女子でも、M女子は何気に首輪をされ、恥ずかしい恰好で管理される事で興奮する女子は多い。


ベッドまで連れて行ってやり手はアームハンガー(※出典はSHJ)で拘束してやる。

両手を動かせないようにしてから足枷を付けてやりベッドに頭を下に向けて仰向けで寝かせる。

不安そうな顔をしながらこちらを見上げている。
「どうした?今からもっと恥ずかしい事してやるからな?」

両方の足枷に紐を通してベッドの両ヘリに通してから一気に引っ張ってやる。
「ほら、いくぞ?」

グイーーーーーーーーーっと引っ張ってやる

すると、頭をベッドの下に向けて寝ているのに足を下の方に引っ張られると大開脚での拘束になるのだ。
そして、両手も拘束されているから隠す事すら出来ない。

こうされるともうひたすらに恥辱と羞恥の快楽に没頭するしか無くなる。

「どうした?こんな格好させられて?もしかして丸見えにされて恥ずかしいのか?」

今までこういう格好にさせられて事なんて無いのに、しかも隠せずに大股開きでまじまじと観察されながら、濡れたおマ○コの周りを撫でてやると、とめどなく溢れてくる。
おマ○コの周りとア○ルを撫でてやるとどんどん溢れてア○ルの方にまで垂れてきている。

「おし○のあなにまで垂れてきてるじゃないか?おし○のあなにも入れてほしいのか?」
※ア○ルには本気でしないけど撫でてやる。

クチュクチュと濡らしてア○ルやおマ○コ周辺を苛めてやると更にそれ以上溢れてくる。
「こんなことされて恥ずかしくないのか?それとも恥かしくて気持ちいいのか?」

恥かしそうな顔をして背ける。
こうまで男の思い通りにされ興奮させられると、相手の顔もまともに見られないようになる。
後は堕ちるしかない事を悟っているのか、次に責めを期待しているようにも見える顔をしている。

「次はコレを使ってやるからな。」

といって目の前に電マを見せてやると、嬉々として恥かしい顔をする。
ビーーーーーーーーーー


最初は周りから責めてじっくりほぐしてやってから、濡れて濡れて丸見えな敏感な所を。
すると、今まで一度も触ってないせいか敏感になっているらしく当てた瞬間に大きな声を出す。

「寸止めが好きだって言ってたよな?沢山してやるからな?」
といって、快楽の前で止めてやる。
インターバルを置かずにまたすぐに当て始める。
逝きそうになったら・・・、止めたらすぐに・・・。そして逝きそうになったら・・・。
これを繰り返すと大抵の女子は逝きたくて黙って逝こうとする。
その前兆を見て止めてやるのだが・・・
「お前今黙って逝こうとしただろ?」
黙って首を振る
「・・・」
「嘘付くなよ。解るんだよ?」
と、言って電マ責めを一旦止めて、目の前にある大股開きで濡れたおマ○コを晒したケツを叩いてやる。
すると溜まらずに体に力が入るが、またすぐに元の体勢に戻ってくる。

そう、この体勢からは逃げられないのである。

こうして、叩きながら、
「どうした?そんなに逝きたかったのか?」
「ちゃんとお願いしないからこんな事になるんだ」
「解ったか?解ったらちゃんとあやまりなさい。」


と、言って躾けてやる

次は絶頂責め

またも濡れてだらしなく垂らしているおマ○コに当ててやる。
「逝きそうになったら言うんだぞ?」

といって、当ててやる。
程なくして絶頂寸前で懇願してくる。
「いいよ。逝って。」の直後に体が痙攣して迎えているのが解る。
が、
勿論ココでは止めない。
グッタリしてる間も無くまた足に力が入り始めて、すぐに震えだしすぐに絶頂を迎えてぐったりする。
こうして何度も絶頂を与えてやることで、どうにも抜け出せない恍惚の底へと沈めていってやる。

回数を重ねて力が入らなくなって体の肌が触れ合ってる脇や太ももと腰の辺りから汗が流れ始める。
その頃合いを見計らって拘束を解いて自由にしてやると、目も開けられない位グッタリしている。

その後、体中を普通に責めてあげると、何度も大量に潮を吹いていました。


プレイの一部を紹介しました。
文章力がおぼつかないので、改良点や良い所等教えてくれると嬉しいです。

ちなみに今回の改良点は「女子のセリフを入れない」でした。
お解りになりましたか?

また、ご意見ご要望。
こういうプレイは?等ありましたら、コメントか恥かしければこっそりメールをお願いしますね。
メールは自己紹介欄にありますので。








関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


Comments

アドバイス? 
多少女性側からのセリフを入れた方が
よりリアルで
よし、えっちなブログができるとおもいます

こんなことしかいえなくてごめんなさい><
コメントありがとうございます。 
ホスさんへ
コメントありがとうございます。
今後の参考にさせて頂きます。

女子のコメントは次回から復活させますね♫

真剣に読んで頂けて嬉しいです。
では、また更新していきますので是非見て下さい☆

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

但馬亮

Author:但馬亮
たじりょーとお呼びください。
身長は180、体重は70。服装はゲイナー風。

普段は隠している微かな願望や欲求を、普段の生活で表に見せている【普通の顔】という仮面の下に隠して生活している女子の隠し持っている顔を覗き見る事を快感にSMを続けています。

なかなかいないけれど捕らえられる、縛られる、などの妄想癖がある素質ある女性は一度話しかけてみてください。

非日常を経験するために、体力を使って一歩を踏み出せるマイノリティな女子と自身を高めていくものだと思っています。

【mixi】【sexi】【twitter】を《但馬亮》でやっています。

QRコード
QR
訪問者
訪問者を表示しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。